月: 2020年1月

住宅を売却する理由として最近もっとも耳にするのが、

住宅を売却する理由として最近もっとも耳にするのが、都市部で駅に近いマンションに住み替えたいというものです。買い物は都会のほうが圧倒的に少ない労力でできますし、幾つもの病院が選べるなど医療面での充実も魅力なようです。

ニュータウンや郊外に住まいがあると病院、市役所、ショッピングと用事があるたびに移動は自動車ですから、今は大丈夫でもこの先はどうなのかと考えている人もいておかしくないのです。

資産を現金にすることができるのが、家を売却する上で1番の利点となります。また、売却する物件にかけた災害のための保険料、住宅ローン保証料は、まだ残りの期間があれば、その分だけ返却されます。

これは売買取引が終了した際に自動で返金される訳ではなく、自ら手続きを行う必要があります。売却が決まった場合には、忘れずに契約した会社に連絡するようにしてください。残債が残っている状態の家を売却する場合、売る前にかならずローンを完済することが大前提となります。もし全額返済が不可能な時は、売却代金での返済を最優先することを条件に債権者と話し合い、特例として任意売却の許可を得るのです。

債務者本人がこうした手続きを滞りなく済ませるのは困難ですし、時間ばかりが経過してしまいます。

任意売却を得意とする弁護士や専門業者などを通じ、交渉を行うのが一般的でしょう。いまの時代、節税や夫婦共働きなどの関係で、家の所有者名義が夫婦共有になっている例が昔より増えています。その一方で家を共同名義にしたがために面倒が生じる場合もあります。

複数人で共同所有している家を売る際は、共有名義人全員の許可をとらなければ取引は不可能です。家を処分する理由として珍しくないのが「離婚」ですが、離婚後の資産分割についての話し合いがきちんとなされていないと、居宅を売却することは不可能ですし、逆にややこしい事態を招くこともあり得るわけです。周りの不動産物件の相場を把握した上で不動産売却に臨むというのは不可欠ではないでしょうか。と言うのは、相場を知らないまま査定額を聞くとそれが本来の価値に不相応なものでも承諾してしまって、しなくてもいい損をするという残念な結果につながるからです。

加えて、大体の物件価格の相場がわかっているかどうかというのは上手く交渉を進めるためにも有用です。

できるだけ豊富に情報を集めておくといいですよ。

来客を迎える心構えとでもいうのでしょうか。

人が使用していた家というものを売る際に大事なのは、気持ちよく内覧者を受け入れられるよう、清掃や匂いなどに配慮して生活することです。家の現状を見たいと思って来る人たちは、その家に対して関心があるわけですが、実物を見たときに欠点ばかりが目については、買う気持ちが萎えてしまうでしょう。

つきましては家のお掃除はいつにもまして丁寧に、そしてたびたびしておくのを忘れないでください。

土地家屋など固定資産の所有者に課税される地方税を固定資産税と言い、場所によっては都市計画税も課税されます。

不動産を所有している間は毎年かかってくる税金です。この所有者(納税義務者)は1月1日に所有している人と定義されているので、買い手との売買契約は1月1日以前に成立していても、所有権移転手続きが済んでいない場合は、売り主が税を納めなくてはなりません。買主側に納税義務が発生するタイミングは登記簿の所有者欄を新しい所有者に変更した明くる年ということです。

売却物件の印象をアップするコツとしては、きれいで明るくて広いという感じに見えるようにしましょう。

電気代をケチらず、照明はあるだけスイッチを入れ、しっかり片付けて室内を広く見えるようにして、清掃業者並みのクォリティを目指してください。一例としては、キッチンやお風呂、洗面台の水滴を残さないことでしょう。

こういうことを押さえておくだけで、印象というのは大きく異なるものです。

訪れる人がどんな風に考えるかを想像して売ろうとする物件の手入れをしましょう。不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶために最重要なことと言えば、売却する物件とその不動産屋が特化している分野がマッチするかどうかです。

不動産屋にはマンションに強い場合や一戸建てに強い場合などいろいろありますので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが大事です。

あわせて、例えば全日本不動産協会といった団体への加入の有無も、安心して任せられるかどうかの判断基準になります。

既に抵当権を抹消済みの住宅を売るのなら取引上は何の支障もないのですが、ローンの残債を残したままでは問題があります。

もともと抵当に入っている不動産というのは売買不可能です。

ただ、特例として売却可能にする手段が任意売却です。

任意売却を専門とする会社が債務者(物件の所有者)と金融機関の間を仲介することで通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。毎月の返済が苦しくなった時、競売に代わる手段として有効です。新築の一戸建てやマンションについていうと、分譲後2年ないし3年目くらいから10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

面白いことに築10年を過ぎると、値段がそんなに変わらないのです。

節税の観点からすると、自宅の買い換えや売却の税率が優遇される条件は、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、マイホームを売却する場合、購入してから10年超過ぎたあたりは非常に好都合であると言って良いでしょう。不動産物件を売却した時の価格が3000万円以下にしかならなかった場合には、所得税、それに、住民税の対象にはならないありがたい特例が適用されます。

その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。それに、不動産物件の買い換えをして、損をしてしまった場合、それ以外の所得と合計して、損益通算が適用されるのです。

でも、この場合、適用条件として売却物件を5年超えで所有しており、さらに、10年を超える住宅ローンの新規契約をしたというのが条件です。戸建てを売る流れは、第一歩として、三社くらいの不動産業者に売りたい物件の査定をお願いしてください。

その候補の中で条件に合う業者と契約を行いますが、その際に、その業者に直接買取をお願いする方法もあります。

しかし、多くの場合、媒介契約を交わし、買ってくれる人との仲介をお願いします。どうしてかというと、買取のケースでは査定対象に建物が含まれることがあまりなくて、土地の価格のみになる場合が多いためです。複数の不動産会社に査定を依頼すると、各社が異なる結果を出すことがあります。

査定方法は同じなのになぜ査定額にバラつきがあるのでしょう。

なぜなら、一つ一つの不動産会社ごとに売買経験やノウハウの違いがあるほか、重視する査定ポイントも違う中で見積もりを出しているからです。ですから、高価格で売却したいのであれば、たくさんの不動産会社から査定額を出してもらえるようにして下さい。

土地や建物などの不動産を売る際は、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

通常は不動産業者に売買するため、仲介のための手数料が必要です。2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を売主から業者に支払わなくてはいけません。

また司法書士に支払う所有権移転登記等の費用、領収書等に貼る印紙税、そのほかにも費用がかかる場合もあります。

ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を設定しないと、手元に残るお金が減ってしまいます。マンションまたは一戸建ての売却時は、購入者へ引き渡すまでの清掃一式は、契約書で明確に記載されていないのでしたら、絶対にしなければいけないわけではありません。大抵、一般家庭における清掃程度に片付けておかべ大丈夫ですが、購入する側から「清掃しておいてほしい」と要望されるケースもあります。そういった場合は不動産業者の担当者とよく相談し、プロに依頼するかどうか、どの程度までやるか等を検討するのですが、掃除で揉めることは殆どありません。不動産査定書とはどういうものでしょうか。

これは物件そのものの情報やガス、水道、電気の供給状況、水回りの設備や、地価、路線価などの詳細な物件情報が記載されているものです。

査定を請け負った不動産会社などは、この資料から査定額を決定しています。

普通、不動産会社に作ってもらうことができますが、プロの鑑定士に不動産鑑定評価書を作ってもらい、それを使うことも良いと思います。

不動産会社でなくても、家の売買相場の目安をウェブ上で確認できるので、覚えておくと良いでしょう。国土交通省の『土地総合情報システム』という地価公示閲覧サイトでは、いままで実際に行われた土地家屋の取引実績により面積、道路幅員、地目、取引価格等の膨大なデータを検索することが可能です。

土地総合情報システムで扱うのは過去データですが、最新情報は不動産物件を集めた情報サイトを見れば一目瞭然ですし、同等物件等を参照すれば相場の目安をつけやすいです。不動産売却を普通に行う場合の流れは、第一に不動産会社に話を持っていきます。

そして、物件の評価が慎重に行われ、それに基づく査定額の提示があり、ある不動産会社と媒介契約の締結に至ります。不動産会社の宣伝活動が始まり、やがて買い手が確保できたら、合意に至るまで価格交渉をしてから売買契約し、決済が済んだら売却物件の抵当権を抹消しておき、立ち退きを済ませて物件を買主に引き渡します。

土地家屋等を売却する手続きですが、簡単にいうと8つの段階に分けられます。

最初は市価のデータを検討し、物件のおおよその販売価格をつかみます。そして自分の力になってくれそうな不動産会社をいくつか選択します。

査定は一社ではなく、相見積もりをとって比較すると良いでしょう。

納得のいく見積り内容でしたら、媒介契約に進みます。

そこからが家の販売活動のはじまりです。

うまく買い手が見つかったら引渡し時期や金銭面などの交渉に入ります。

話がまとまれば正式に売買契約を交わし、最後は代金の支払いと物件の引渡しで終わります。物件を売却しようとする際、すぐに価格を決めずにまずは、インターネットを利用して、一括査定を業者に依頼し、査定してもらうと後悔しません。査定額を比較することで相場がわかってきますから、その相場に合わせて売値を決めましょう。経験豊富な不動産業者の中には、仲介するだけに限らず、なんとコンサルティングまでしてくれる場合もあるため、ひとまず、相談だけでも行ってみて、売りたい物件の最高額を考慮してみるのもいいかもしれません。

めでたく不動産の買い手が見つかり、契約の締結まで済んだところで、売る気がなくなった、取引相手を別に探したいなど心境や事情が変わったことで売却を取り消したいときは、契約破棄もOKです。

けれども、代償として契約で定めた違約金の支払いや、既に受け取っている手付金を返すにしても倍返しですから、安易に契約を締結しないよう注意しましょう。

一戸建てを売る時は色々トラブルがありますが、その中でもよくあるのは、既に不動産屋と専任媒介契約をしたのに、不動産屋を通さずに購入者を探し出して、好き勝手にその人と売買契約を終えてしまう事例です。こういう場合は、その不動産業者に宣伝費などのコスト、それに、手数料を合わせたくらいの違約金を払って、埋め合わせる必要があります。

一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、まったくもって問題はなく、苦情をいわれる謂れもなくなります。

ただ、専任媒介契約と比べると、一生懸命に買手を探してくれないこともあります。

まだ昭和だった頃に購入した建売住宅など築年数の古い家屋を売る際にも、リノベーションのためのベースとして購入を検討している人も増えていますから、需要はあると見て良いでしょう。

それに古くても広い家の場合はルームシェアリングに適しているというので敢えて希望する買い主が増えているのも事実です。

耐震検査、建物診断検査などを行い、建物の状態が良いことが証明できれば、より有利な取り引きができるでしょう。

不動産業者に物件の査定をしてもらう場合、今までのやり方だと不動産の詳細だけでなく、依頼者本人についても事細かに知らせる必要がありました。

まだ先の話なのに、断っているにもかかわらず営業電話がかかってきたりする不安から、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。

最近、そういった懸念を払拭する動きは業界にもあり、匿名で査定してくれるサービスも運用を開始しているようです。お手持ちの不動産の処分を検討中の方は、匿名で見積りできるサービスを利用してみてはいかがでしょう。

もし家が売れたら大金が入ります。その場合、税金の支払いはどうなるのでしょう。

それは利益がどのくらいあったかで変わります。

購入時の価額より高い値で売れた際は所得税の課税対象となり、その逆で安くしか売れなかった場合は所得税は不要です。

ただ、もし高く売れたとしても控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、確定申告をすれば所得税を納めなくても良いわけです。

不動産物件の売却を行った場合、必ず確定申告が必要でしょう。実際、それまで所有していた物件を売って利益が得られたら、忘れずに確定申告を行って、「譲渡所得税」を納めることになります。

逆に、利益が出なかった場合は、しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例も多いのです。どちらにしても不動産物件を売却したら、今は税務署に行かなくても可能ですから、確定申告しましょう。

競馬や競艇での払戻金とか生命保険においての一時金、損害保険の満期返戻金などの例がある、継続して得られる収入以外の臨時的に入ってきた収入は一時所得に該当します。不動産を売却して入ってきたお金も臨時的なものですが、これは別の区分で譲渡所得と呼びます。

所得による課税額(所得税)の算定でも一時所得と一緒には計算しません。場合によっては特例が適用されることもあるので、確定申告をしっかり行ってください。

債務の担保になっている不動産物件の売却はできるのかと言われると、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。

とはいっても、抵当権を設定する原因となった借入を行った方が残債を完済することができないと、住人がいるいないに関わらず家は競売にかけられ、やがて他人の物になってしまいます。要するに担保に入った不動産物件というのは訳あり(難あり)な存在なので、売りにくいのです。

満足できる取引ができるよう、住宅を売却する際はインターネット上にある不動産一括査定サイトをしっかり活用しましょう。

一括見積り可能なサイトはいくつもありますが、どこでも最初に情報を登録すれば一度に多くの不動産会社の査定を受けられるのです。こまごまとした入力作業に煩わされずに時間を有効に使えます。

不動産一括査定サービスを活用し、よく比較した上で、営業力の高い仲介業者を探すようにしましょう。

food-festa.jp

不動産を売る時には査定を受け、比較

不動産を売る時には査定を受け、比較検討するのがベストなのですが、どれくらいの会社から査定を受けて比較すればいいのか困っている人もいるでしょう。あくまで平均的な数になりますが、三社は受けておいてください。

ある程度、相場を把握しておかないと、もしかしたら、相場以下の見積もりの業者を選び、後から後悔することになるかもしれません。かといって、多ければ多いほど良いのかというと、そうでもなく、情報を整理するのが大変になってしまうので、三社程度が適当だと言えます。毎年2月から3月にある確定申告は、一年間に生じた所得の金額に対して税額を算出し、申告する手続きです。

会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、既に納めている税金との差を計算し、多ければ還付され、不足なら納税します。

給料のほかに申告する所得のひとつとして、土地や家の売却利益なども同時に申告します。

所有期間5年以下の不動産は税率が40%、5年超でも15%の所得税、5%の住民税がかかりますので、不動産売却にかかる支出としては非常に大きいのです。可能な限り不動産を高値で売りたい人は、始めにあちこちの不動産業者に査定してもらうことです。査定額は業者次第で大きく変わることも日常茶飯事です。

それと、契約は基本的に専任媒介で結ぶのがいいです。

宣伝に費やす予算が一般媒介では専任媒介より少ないため、買い手が見付かるまでに時間がかかりがちです。さらに、専任媒介の場合では依頼主への定期報告をする義務が生じます。

たとえ自分が所有している不動産物件であっても売り払う際には権利書の提出が、なくてはならないものです。その土地の登記がされていることを権利書によって証明することができ、正確な名称は登記済証というものになります。

仮に紛失してしまったり、書いてある文字が読めなくなってしまっても新しいものを発行することはできないのです。

しかし、土地家屋調査士の方や弁護士の方、または、司法書士の方に代理人になってもらうことで、本人確認情報提供によって対応することができます。

マイホームを売却する場合は通常、手始めに不動産会社に住宅の価額を査定してもらうのですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。

査定要素としては他に利便性や方角なども含まれますが、住宅の価格は築後10年を経過すると一気に落ちていくという現実があります。例えば土地付きの戸建住宅などは、住宅が古ければ古いほど建物価格は下がるので、土地代のみといった売値になってしまうことも実際にあるのです。

一般的に、不動産査定の方法は「訪問査定」と「簡易査定」とに分かれます。

なお、各査定方法によって、必要な時間が異なることを覚えておいてください。

簡易査定で結果が出るまでの時間は、最も早ければ30分程度で、長くても1時間かからないでしょう。

その一方で、訪問査定のケースでは、実際に物件を見て回るのはだいだい1時間を見れば十分でしょう。ですが、役所や関係省庁のもつ資料に対しても査定の範囲を広げるため、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると意識しておきましょう。

不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、戸建てやマンションでの違いはなく、自分に合わせた引越しのタイミングを選ぶことをお勧めします。

手元に資金がない場合には、物件を売却してから新居探しをすると、お金の心配をしすぎて早とちりしてしまうリスクを抑えられます。

一方、新居が決まらぬまま家を売却してしまうと、仮住まいへの引越しに、新居への引越しとニ回引っ越す必要があります。売れる前に引っ越す場合は引越しは一度で済みますが、新居のための資金を払えるようにしておかなくてはなりません。

すでにご存知かもしれませんが、不動産の査定を実施する不動産会社の善し悪しを判定する目安に、不動産の免許番号があります。

担当者の名刺に宅建取引業の免許番号の記載がなければ、認可のない違法な業者かもしれません。細かいところでは、免許番号のかっこで囲まれている数字は更新ごとに増えていくため、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。とはいえ数字が小さくても、業務拡大で営業所が増えたり、地方から東京へ本社を移転した場合などもありますし、必ずしも実績が少ないと決めつけるのは間違いです。

名前を見てもわかる通り、不動産物件は売るのが一苦労で、いざ売却する際にも様々な経費が必要です。

例えば主なものとして、仲介業者に仲介手数料を払わなければなりませんし、不動産登記に関して司法書士が作成する各種書類に対しての報酬や譲渡税、場合によっては住宅ローンの繰り上げ返済費用も必要でしょう。仲介業者の選択で、極力、小額の仲介手数料にできれば最終的な経費も幾分抑えられます。

一概に不動産を売却するときはリフォームをするものだとは言えません。

と言うより、リフォームに何百万円も費やしたとしたって、売却価格がその分よくなる確証も何もありません。意図してリフォームを施すとすれば、力を入れるところを内覧でよく見られそうな箇所にすると元が取れるかもしれません。それから、清掃などをしておき、明るさと広さを感じられるようにしておけば過剰なリフォームは不要です。

不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法は主に二種類の方法で行っています。具体的には、訪問査定と机上価格査定と呼ばれているものです。現地で、直接物件を確認して査定を行うことを訪問査定といい、反対に、机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。

物件の築年数や間取りといった情報や、周辺の売却物件の相場、会社の持つ似たような物件の販売経験などを参考に簡易的な査定を行うのです。

どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、ある程度の参考になるでしょう。なんといっても、内覧が不動産物件の売却の際には、売れるかどうかの重要なポイントになるでしょう。

忘れがちですが、売手が大切にすべきなのは、自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。

圧倒的多数の買手が求めている物件は、明るくて広く、清潔感のある住み心地の良さそうな物件でしょう。その物件の良さがしっかり伝わるように掃除は当然として、余分なものを捨ててスペースを空けるといったできることは時間をみつけてやりましょう。

戸建てを売却して得たお金から、最初に一戸建てを買った時の購入費と、売却にかかった諸々の経費を差し引いたもの、これが譲渡所得です。譲渡所得税の課税対象となるのは、このお金に対してです。

税率は一律ではありません。

短期譲渡(所有年数が5年以下)と5年以上所有(長期譲渡と言います)していた場合とで、変わります。長期譲渡の方が低い税率となるように優遇されています。ところで、物件を売っても譲渡所得が得られるとは限りませんね。

マイナスとなってしまったときは、長期譲渡に限って、譲渡損失の損益通算と、繰り越し控除の特例が適用されることになります。

一般的に、不動産物件を売る時には、不動産会社と媒介契約を交わします。三種類ある媒介契約の中で、専属専任媒介契約が一番制約に縛られることになるでしょう。

仲介業者と専属専任媒介契約を取り交わすと、その一社の独占契約になります。

それに、この契約をしていたら、知人の紹介などで購入を希望する人に巡りあっても、勝手に本人達だけで契約というわけにはいかず、この仲介業者を通すことになるのです。

普通、不動産査定を受ける時は、まずネットで相場を調べるのが定石ですが、そのあとより詳しく査定してもらいたい時には、実際に、業者に現地に来てもらいます。業者は現地でしか分からない立地条件や建物の劣化の有無、部屋の間取りや日当たりなどを細かく見ます。

あるいは、物件がマンションの場合などでは共有のスペースも調べ、査定額を決定します。業者ごとに多少は査定基準が変化しますので、複数の業者から訪問査定を受けておくと、選びやすくなります。

いよいよ不動産を売却する話がまとまって、既に契約が成立しているのに、気が変わって売りたくなくなったとか、別の人に買ってほしいというような心境や事情の変化のため売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。ですが、その代わり契約で取り決めた額の違約金を支払ったり、貰い受けた手付金を倍返ししなければなりませんから、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。

所有していた不動産物件の売却価格が3000万円を下回ったケースでは、所得税、それに、住民税の対象にはならないありがたい特例が適用されます。

売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。

それに、不動産物件の買い換えをして、売却価格が安すぎて売却損が出たら、それ以外の所得と合計して、損益通算が適用されるのです。

でも、この場合、適用条件として売却物件を5年を超えて所有していたこと、それに、10年以上の住宅ローンを新しく契約したという二つです。

不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙税がかかります。印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、高い場合は数十万円にもなります。

しかも、売主と買主の両者がそれぞれに契約書を作成した場合、それぞれの契約書に印紙税が課税されてしまいます。

ただし、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、気を配っておきましょう。

一般的には、不動産売却のとき部屋の退去の時期については売る側の好きに設定することができます。ですが、誰かが住んでいるよりは、空き物件として売りに出されていた方が売値を上げられます。

住居人がいる場合、内覧時から顧客に敬遠されても致し方ないので、支障がなければ引っ越しをあまり引き延ばさない方が有益な点が多くなると思います。普通に中古市場で住宅を売る際は、不動産売買を仲介する会社をセレクト、住宅の査定、販売価格の設定、業者と媒介契約を締結し、プロモーション開始、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、業者立ち会いの下で売買契約をして、精算と引渡しをして完了です。

気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、仮に媒介契約までが数日で済んでも、そのあとの売出期間の長さにもよります。媒介契約の最長は3ヶ月ですので、もう一回仲介契約して約6ヶ月というところでしょう。

いままでは不動産の査定をしてもらう際は、不動産の詳細だけでなく、依頼者本人についても事細かに知らせる必要がありました。いますぐ売ろうという状況でない時は、見積り後にしつこい営業がくることを嫌い、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。最近、そういった懸念を払拭する動きは業界にもあり、匿名で住宅価格の見積りをしてくれるサービスもあります。家や土地などの不動産を売りたいときは、このような新しいタイプの査定サービスを使って市場価値を把握するのも良いでしょう。

中古住宅の価格を知るなら不動産査定ソフトという手もあります。土地面積、床面積、築年数、階数といった物件の情報を入れると、ソフトに収録した地価データや公式発表されている不動産データなどをもとに機械的に査定額を見積もることができるソフトです。

最近は簡易なフリーソフトだけでなく有償版もあるようです。結局は簡易査定ですし、現地調査の上でプロが下した見積額と比べると大きな違いが生じることがありますが、物件の価値を客観的に見ることができるので、役に立ったという人もいます。売りたい価格よりも値段が下がってしまうことが一戸建てのケースにはあります。築年数が経った物件では残念なことに、土地のみで販売するために更地にするか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、提案されてしまうこともあるでしょう。

また、こだわりのつまった一戸建てでは新築時に建築費が通常よりかかるにもかかわらず、売却時にはこだわりにより買い手が見つからず、こだわっているにもかかわらず思ったより安く売ることになるかもしれません。

不動産などの資産を売って得た所得のことを、譲渡所得と呼びます。

マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。譲渡所得もほかの収入と同様、所得税と住民税がかかりますが、給与などの所得とは合算せず、別の計算方式を適用します。

譲渡所得には様々な控除があり、それ以外にも不動産の所有期間が5年超になると低い税率で済みます。これから家を売りたいとお考えでしたら、所有期間と税率について理解した上で売却時期を決めると節税になるでしょう。

不動産物件の売却を考えていて、その物件が共同名義だとすると、売却の段階で委任状が必要です。こうした際には、取り引きを代表して行う人に、残りの各名義人がその代表者に取り引きを一任する考えを明示した委任状を受け渡しておきます。

期間の定めなく有効な委任状となるため、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。居住中に売るにしても転居後に売るにしても、整理整頓はしておく必要があります。満足に掃除もできていない状態や、いつか整理するつもりの不用品がそこかしこにある状態だと家の値段も落ちますし、購入者も興味を持てないかもしれません。

廃品回収やリサイクル業者などを利用し、気づいたところから不要品の片付けを進めましょう。

費用がかかるのは難点ですが、家の片付けを行う会社におまかせするという方法もあります。

不動産を売ろうと考えている人はその際、印鑑証明と実印が必要です。

なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、買う人は印鑑証明も実印も必要ではありません。

しかしながら、支払いを現金ではなくローン会社を通して行うなら話は違ってきます。

ローンで支払うなら手続きの際に必要なものとして印鑑証明と実印と言われるでしょう。

なお、連帯保証人が必要なケースでは必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。

不動産の売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが不可欠ではないでしょうか。

なぜなら、相場を把握できていないと査定で非常識な価格を提示されても鵜呑みにしてしまい、利益をみすみす逃してしまうという残念な結果につながるからです。そして、大体の物件価格の相場がわかっているかどうかというのは上手く交渉を進めるためにも有用です。可能な限り情報はたっぷり仕入れておきましょう。

もし、一戸建てを売りたいなら、自分で買い手を探す場合を除いて不動産屋への仲介手数料が発生します。

売買価格の3.24%プラス64800円が仲介手数料の上限だと法律によって規定されているため、売買価格帯がわかるのであれば支払う仲介手数料も大体の額を予想できます。

しかし、買い手が不動産業者自身ならば、この仲介手数料は請求されません。

それから、所有権移転登記にかかる費用については原則として買い手側が負担することになっています。

通常通り不動産売却をするとなったら、不動産会社に掛け合っていくところから始まります。

そして、物件の価値が念入りに見積もられて査定額が提示され、どこの不動産会社と媒介契約を締結するか決定します。

不動産会社の宣伝活動が始まり、やがて買い手が確保できたら、必要に応じ価格交渉が行われてから売買契約となり、買主からの支払いが確認できたら抵当権を抹消する手続きに入り、物件の引き渡しの日までに退去を終わらせます。

参照元