インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

【写真つき】アスタレチノVをほうれい線くっきりの40代肌に使ってみた結果